> メンテナンス・リリース(1.042 フリー版)

最新版をリリースいたします。 

対象製品: ProjectExceller バージョン 1. 日本語版、英語版

  • メンテナンス・バージョン: 1.042
  • インストール・パッケージ:

PX01JPNS-1-041-20170906.exe 日本語版 1.042
PX01ENGS-1-042-20170906.exe 英語版 1.042

readme(最新版)

ダウンロード

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

  今回のメンテナンス・リリースでの変更

V1.042, PX01JPNS-1-042-20170906

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

●機能改善

– 評価版(Trial)、フリー版(Free)の表示を「印刷/Excelコピー」機能の出力シート上に表示しないように改善した。

– 選択したタスクのタスクタイプを右クリックメニューからタスクタイプを変更する前にの実行確認ダイアログボックスを出すように改善した。

– ガントチャート上のクリティカルパス表示を解除する際、タスクバーを既定値の[計画/実績]に戻すか選択できるように改善した。

– 実績開始日、実績終了日の複数セル範囲を削除する際、サマリータスク行が含まれている場合でも削除できるように改善した。

– 「タスク抽出」機能で「完了タスクは含まない」または、「サマリータスクは含まない」のオプションのいずれかだけ選択したる場合でも、抽出できるように改善した。これにより、未完了タスクのみ、または、最下位タスクのみを抽出することができるように改善した。

– 「タスクタイプ」、「コストタイプ」列のセルを選択し削除キーでクリアし、ブランク(既定値)へ変更できるようにした。


●仕様変更

– V1.041までは、WBS上でタスク名のセル範囲を選択した削除キーを押すと、そのセルを含むタスク行全体が削除ができたが、V1.042からは、この操作を禁止した。タスク行の削除は、右クリックメニューの[タスクの削除]からだけに限定。これにより、タスク名の入力操作における品質を改善した。


●問題修正

– Excel2016において操作中にExcelが全く反応しなくなることがまれにある。この問題が発生した場合、Excelを回復するには、Excelをタスクマネージャーで強制終了しなければならない。これはExcel本体の問題、ProjectExceller側で回避。

– プロジェクトシート間で行のコピーを行うと、その後、キー入力をしても画面が更新されない状態になることがまれにある。

– Exel2016で右クリックメニューから機能を実行した場合、起動した処理が終了するまで右クリックメニューのサブメニューが画面に表示されたままになる場合がある。

– Excel2016でオートメーションエラーがまれに発生する。

– 「リソースと工数の割り当て」機能のダイアログボックスの[割り当て率]をブランクにした場合、まれにエラーが発生する場合がある。

– Excelが開いていない状態でプロジェクトファイルをLANドライブから起動した場合に、まれに内部エラーが発生する場合がある。

– 「サブプロジェクトの編集」でサブプロジェクトファイルを開くと、ProjectExcellerが無効状態になってしまう。(Refreshボタンを押すと有効状態に回復する)

– 「再現分析」機能を実行すると、その後にExcel操作をすると内部エラーが発生することがある。

– 「再現分析」機能を実行中にタスクの行の削除、追加などを行うと実行を終了したあとに元のプロジェクトデータが正しく回復しない場合がある。

– ブランクのプロジェクトシート上でガントチャートヘッダー右クリック、「タスクバーテキスト」の設定を変更するとエラーとなる場合がある。

– リソースデータをファイルからインポートした後、プロジェクトシートの再計算が自動的に行われない。

– 「WBS構成」ダイアログボックスの「標準並びに戻す」を実行してWBS項目列を並び変えると、新しいプロジェクトシートを作成した時のWBS項目の並びと異なる。-> 標準並びは、新しいプロジェクトシートを作成した際の並びと同じにした。

– 「WBS構成」で「標準並びに戻す」を実行すると非表示項目が表示されてしまう場合がある。

– ファイルからリソースデータをインポートする際、「既存のリソースデータに追加、変更を行います。」を選んだ場合、既存リソース名が重複登録される。

– 「計画調整モード」で「予測を計画に設定」を実行しても、現在の予測スケジュールが正しく計画に反映されない。また、未着手の計画タスクのリンク設定が解除されてしまう。

– 「コストデータ無効」機能によりコストデータが表示されていない状態から「コストデータ有効」に戻したあと、Refreshを実行しないとプロジェクトシート上にコスト値が表示されない。

– 「リソースと工数の割り当て」のダイアログボックスを起動した際に設定される「算出方法」を変更してリソースの追加、変更、削除を行うと、変更した「算出方法」が元の値に戻ってしまう。ただし、工数、期間、人数の値は正常に再計算される。

– データのコピー、貼り付け操作において、右クリックメニューに「貼り付け」項目が表示されないことがある。

– 状況報告日を「日付を指定する」で特定の日付に設定した後、計画日、または、実績日のセルを選択し表示されるブルダウンボタンからカレンダーを表示させると現在の月ではなく、状況報告日で指定した日付の月が表示される。

– プロジェクトファイル名、プロジェクトシート名を変更して保存した直後に「元に戻す」を実行すると正しく元に戻らない場合がある。

– WBSビューで「計画調整」ビューを選択してもWBSビューの右クリックメニューにチェックマークが付かない。

– オプションの「タスクの行の色」のサマリータスク、完了タスクの色づけをOFFにして保存すると、WBS上のサマリータスク、完了タスクの背景色をOFFにされるが、Refreshすると既定値の色に戻ってしまう。

– WBS上で右クリック、サブプロジェクトタスク、参照先の変更 が起動しない問題。

– 「遅延タスク」ダイアログのヘルプボタン([?])でヘルプ情報が表示されない。

– カレンダーのダイログボックス上でマウスを移動するとマウスをダイアログボックスから話しても最後にポイントしたカレンダー上の日付が選択された状態(凹み)のままになる。

– 「コメントの挿入」で設定したコメント図形に「コメントの削除」を実行してもRefreshしないと消えないことがある。

– 操作デモの「5.4 ガントチャートの開始日の設定」でエラー

– WBSヘッダーの状況報告日セルを選択すると式フィールドに"_gp;_"が表示される。

– WBSの「遅延期間」に遅れが発生している場合、完了タスクは、遅れが発生している場合でも赤文字にしない(黒文字のまま)仕様であるが赤文字で表示されている。

Top