> メンテナンス・リリース(1.043 フリー版)

最新版をリリースいたします。 

対象製品: ProjectExceller バージョン 1. 日本語版、英語版

  • メンテナンス・バージョン: 1.043
  • インストール・パッケージ:

PX01JPNS-1-043-20171219.exe 日本語版 1.043
PX01ENGS-1-043-20171219.exe 英語版 1.043

readme(最新版)

ダウンロード

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

  今回のメンテナンス・リリースでの変更

V1.043, PX01JPNS-1-043-20171219

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

●問題修正

■現時点(2017年12月)のExcel2016、Office365の最新版で発生する問題

 2017年10月以降のマイクロソフト社の修正コードを適用した場合に発生する問題への対応です。

– Excelが開いていない状態で、LAN上のExcelファイルを起動すると内部エラーが発生する。

– WBSの実績開始日、または、実績終了日のセルに日付を入力し、それをDELキーで取り消する操作を繰り返すと内部エラーが発生し、Excelが終了する場合がある。

– WBSの達成率のセルのデータをDELキーで取り消し、そこに達成率を入力する操作を繰り返すと内部エラーが発生し、Excelが終了する場合がある。

■その他の問題

– タスクタイプが工数固定の場合、計画期間、計画開始日、計画終了日セルに直接入力でなく、コピー&貼り付け入力すると工数が変更されてしまう。

– WBS上で不整合が発生する貼り付けをした際のエラーメッセージが正しくない。(「コスト」と表示される)。

– WBS上で計画開始日に計画終了日よりも大きい日付を貼り付けると内部エラーが発生することがある。

– 再現分析を中断した状態のままプロジェクトファイルを保存し、Excelを再立ち上げしてそのプロジェクトファイルを開き再分析を再開すると内部エラーが発生する。

– 再現分析で分析開始前の状況報告日より大きい再現用の現在日を指定すると達成率が100%以上となってしまう。

– 3階層以上のタスク構造において、その中の複数のサマリータスクが折りたたみ表示(A列に「+」が表示され、その子タスクが非表示)されている場合、上位のサマリータスクを展開しても最下位タスクが非表示のまま。折りたたまれたサマリータスクを展開した場合は、そのすべての子タスクが表示されるように変更した。

– サブプロジェクトタスク以外のタスクがないプロジェクトシートにおいて、サブジェクトタスクのタスク名を変更すると内部エラーが発生する。

Top