readme(ProjectExceller 2)

**********************************************************************
ProjectExceller 2 (バージョン2) 日本語版
**********************************************************************

エクセラーシステムズ株式会社
https://projectexceller.com/

 

======================================================================
[1] 本製品の説明
======================================================================

・初回の90日間は、評価期間としてすべての機能をご利用いただけます。

・評価期間後は、フリー版として継続使用できますが、次の制限があります。

– プロジェクトシート当たりの最大タスク行が100行。
– プロジェクトファイル当たりのプロジェクトシート数が最大3つ。

注:フリー版の仕様は、将来、変更される場合もあります。

※制限なく、すべての機能をご利用いただくには、ライセンスをご購入ください。

ライセンスキーの購入 http://projectexceller/order/

 

======================================================================
[2] 操作の基本
======================================================================

・Windowsのスタートメニューの「ProjectExceller」から[プロジェクトの作成] を選択すると、新しいプロジェクトファイルが開きます。

・プロジェクトファイルは、Excel形式のファイルです。入力等の基本操作は、Excelと同じです。

・ProjectExcellerの固有機能は、リボンの[ProjectExceller]タブ、または、シート上の右クリックメニューから実行します。

・プロジェクトシートの左上に[Refresh]ボタンにより、プロジェクトシートを最新化します。

メモ:データ更新してもガントチャートが正しく更新できなかった場合、または、右クリック機能が動作しなかった場合などにも、この[Refresh]ボタンで解決できます。

・プロジェクトシート上では、Excel標準の[元に戻す]アイコンは無効になります。代わりに、シートの左上の[Refresh]ボタンの左にある”円形の矢印”ボタンを使用してください。

※操作方法については、リボンの[ProjectExceller]タブの[ヘルプ]ボタンから[ヘルプ]、または、[ユーザーガイド]をご参照ください。

 

======================================================================
[3] 変更歴
======================================================================

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

V2.000, PX02JPNF-2-000-20190414

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

<追加機能>

ProjectExceller 2 (バージョン2)では、次の機能が追加されました。

◆リボンによる操作
右クリック主体であった操作がリボンによる操作に変更され、さらに使い易くなりました。

◆実績入力ファイル
共有ブックによる複数メンバーの同時入力を可能にし、実績データの収集を効率化しました。

◆組込み型サブプロジェクト
サブプロジェクトのすべてのタスクをマスタープロジェクトに表示できるようになりました。これによりプロジェクト間の調整が容易になり、さらに複数プロジェクト全体のワークロード分析を可能になりました。

◆カレンダー、リソースデータのインポート
中間ファイルを経由せず直接目的のプロジェクトファイルからデータをインポートすることができるようになりました。

◆タスク表示の効率化
タスク階層の深い複雑なプロジェクトにおいて、Level1タスクと最下位タスクのみの表示するなどオプションを追加することにより、必要なタスクレベルだけを効率的に抜き出し表示することができるようになりました。

◆標準WBS項目の追加
「予測遅延」、「備考」、「連絡事項」 の標準項目が追加されました。

◆標準WBSビューの追加
「進捗+予測遅延期間」が追加されました。これより、すでに発生している遅延期間(Issue)と将来発生すると予測される遅延期間(Risk)をWBS上で把握することが可能になりました。

以上

Top